シニア向けのシェアハウス

投稿者: | 2018年10月1日

シェアハウスは若者利用していることが多いと思われがちですが、最近はシニア向けのシェアハウスも増えています。シニア向けのシェアハウスでは、一人で暮らすのに不安のある高齢者の人が共同生活できるようにと作られていて、空き家の家をリフォームしたりして作られているところが多いです。
老人ホームや高齢者住宅に入居するとなるとかなりの費用が発生してしまいます。
また入居待ちとなっていたり、入居条件などがあったりしてある程度自分で生活できる元気な人は入居できないケースが多いです。しかしシェアハウスであれば入居条件もありませんし、入居待ちとなってしまうことも少ないです。一人で生活するわけではないので誰かがいてくれるという安心感もありますね。
シニア向けのシェアハウスは、介護施設と自宅の良いところをとった場所とも言えそうです。シニア向けのシェアハウスは、今後も増えてくる可能性があり、シニア層から注目される場となるでしょう。